ビジネスマナー,言葉遣い

ビジネスマナーの基本 言葉遣い

ビジネスマナーの言葉遣い1:誤った敬語、使っていませんか?

ビジネスシーンでは、敬語を正しく使うことが大切です。

敬語を正しく使うことは、すなわち相手を肯定し敬うこと。

誰でも、自分を敬ってもらえると心が和むものです。

正しい敬語・美しい言葉遣いを心がければ、誰とでも楽しく仕事を進めることができますよ。

ビジネスマナー,言葉遣い

1.よく使われる敬語とは?

(1)一般的によく使われる敬語10選

まず、一般的によく使われる敬語は次の10個です。

「普通の言い方→尊敬語→謙譲語」の順でご紹介します。

ビジネスマナー,言葉遣い

  • 会う→お会いになる→お目にかかる
  • 言う→おっしゃる→申す
  • 行く→いらっしゃる→伺う・参る
  • 来る→いらっしゃる→おる
  • 聞く→お聞きになる・お耳に入る→伺う・拝聴する
  • 見る→ご覧になる→拝見する
  • する→される・なさる→いたす
  • 食べる→召し上がる→いただく
  • 与える→くださる→差し上げる
  • 知っている→ご存じである→存じている・存じ上げる

その他、名詞の尊敬語・謙譲語は次の3つを覚えておきましょう。

  • 会社→御社・貴社→弊社・当社
  • 担当者→ご担当者様・ご担当の方→担当の者
  • 同行者→お連れ様→連れの者

(2)ビジネスシーンでは、ちょっとした言葉も丁寧に

ビジネスの場では、小さな言葉も疎かにせず、丁寧に話すよう心がけましょう。

ビジネスマナー,言葉遣い

  • わかりました→かしこまりました
  • いいですか→よろしいでしょうか
  • どうですか→いかがでしょうか
  • わかりません→わかりかねます
  • できません→いたしかねます
  • さっき→さきほど
  • 後で→後ほど
  • ちょっと→少々
  • おととい→一昨日(いっさくじつ)
  • きのう→昨日(さくじつ)
  • 今日→本日
  • あした→明日(みょうにち)
  • あさって→明後日(みょうごにち)
  • あっち、こっち→あちら、こちら

2.間違えやすい敬語。この5つをチェック!

敬語はなかなか難しく、言語学者やアナウンサーなど「言葉のプロ」でも時として戸惑うものです。

敬語を使う時は、最低限、この5つをチェックしておきましょう。

ビジネスマナー,言葉遣い

(1)尊敬語と謙譲語を間違えない

尊敬語と謙譲語を間違えるのは、このような例です。

・お客様に対して「スズキ様でございますね」「お飲み物はどういたしますか?」

この2つは両方とも×。

「ございます」も「いたします」も謙譲語なので、お客様に対して使うのは失礼です。

正しくは「スズキ様でいらっしゃいますね」「お飲み物はどうなさいますか?」です。

(2)身内に敬語を使わない

社外の人に対して話す時は、社内の人に尊敬語は使いません。

たとえば取引先の人に「ワタナベ部長は、ただいま席をはずしていらっしゃいます」「社長はあちらにおられます」などと言うのは間違い。

たとえ名指し人が上司であっても、社外の人に対して話す時は尊敬語はNGです。

正しくは「部長のワタナベは、ただいま席をはずしております」「社長はあちらにおります」です。

(3)「お世話様」「ご苦労様」はNG

敬語の間違いで多いのが、社外や目上の人に対して「お世話様です」「ご苦労様です」と言ってしまうこと。

「お世話様です」は、つい「お世話になっております」と言うのが面倒になり使ってしまいがち。

でも「お世話様です」は、目上の人が目下の人に対して使う言葉です。

めんどくさがらずに、きちんと「お世話になっております」と言うようにしましょう。

また、「ご苦労様」も危険な言葉。

目上の人が目下の人に使う言葉です。

ビジネスシーンでは、相手の年齢や役職、立場など関係なく「お疲れ様です」と言うのが無難です。

(4)バイト言葉にご用心!

近年、話題になっている「バイト言葉」。

コンビニやレストランで「以上でよろしかったでしょうか」と言われ、モヤモヤした気分になった人もいるのでは?(正しくは「以上でよろしいでしょうか」)

バイト言葉を使うと軽薄に見られ、信頼度・好感度が下がります。

たとえば、このような言葉に注意しましょう

  • 「〜から」:×「5,000円からお預かりします」→〇「5,000円お預かりします」
  • 「〜のほう」:×「皆様のほうに配布しました、パンフレットのほうをご覧ください」→〇「皆様に配布しました、パンフレットをご覧ください」
  • 「なります」:×「こちらが新商品になります」→〇「こちらが新商品です」
  • 名前を「ちょうだい」「いただく」:×「お名前を頂戴できますか」「お名前をいただけますか」→〇「お名前を教えていただけますか」

ビジネスマナー,言葉遣い

(5)二重敬語は却って失礼

「とにかく丁寧な言葉を使わなくては!」と緊張すると、敬語が過剰になりがち。

1つの言葉に2つ以上の敬語が重なると、ゴテゴテとした印象になり、却って不快感を与えます。

たとえば、こんな二重敬語に注意しましょう。

  • ×「先生がお見えになられる」→〇「先生がお見えになる」「先生がいらっしゃる」
  • ×「夕食をお召し上がりになった」→〇「夕食を召し上がった」
  • ×「おっしゃられていました」→〇「おっしゃっていました」
  • ×「こちらをお試しになられましたか?」→〇「こちらをお試しになりましたか?」

敬語はたくさん知っておけば便利です。

でも、使う時はシンプル・イズ・ベスト。

話す言葉すべてに敬語を使うのではなく、要所要所で敬語を使えば、丁寧かつスッキリとした言葉で話すことができます。

何よりも、相手を敬う心を忘れなければ、自ずと言葉に表れるものです。

気持ちを楽にして、スマートに敬語を使いこなしましょう。

自宅で隙間時間に資格取得

おすすめポイント!

月額980円から受け放題

40講座以上が受け放題

あなたに合った講座が多数

国家公的資格も受けれる

プライベートにも活かせる

学習期間が短く学びやすい

詳しくはコチラ

迷っているあなたへ、無料体験がおすすめ!

-ビジネスマナーの基本, 言葉遣い

© 2020 マナビルド Powered by AFFINGER5