ビジネスマナー,身だしなみ,女性

ビジネスマナーの基本 身だしなみ

ビジネスマナーの身だしなみ3:服装・ネイル・アクセサリーなど【女性のチェックポイント】

女性はビジネスシーンでも、オシャレを楽しみたいものです。

でも大切なのは、「清潔感」「機能性」「上品さ」。

オシャレはあくまで、自分のためのもの。

「あなたと一緒に仕事をしたい」と相手に思ってもらうためには、オシャレを楽しむよりも、ビジネスにふさわしい「身だしなみ」を整えるほうが大切です。

ここでは、ビジネスシーンにおける「女性の身だしなみ」について解説していきます。

ビジネスマナー,身だしなみ,女性

スーツ・シャツ・コート選びは、ここがポイント!

女性は男性に比べ、衣類の選択肢が豊富。

ここではビジネスマナーに沿った「スーツ・インナー・コート選び」を解説します。

(1)スーツは「紺・ベージュ・チャコールグレー」の3色で。

女性のスーツはピンク、水色、白などカラーバリエーション豊富。

でもビジネスシーンでは、「紺・ベージュ・チャコールグレー」が基本です。

この3色は落ち着いた印象を与え、相手を安心させます。

またどんな色とも合うので、ブラウスやカットソーなどインナー選びが楽にできます。

スーツの色は、もちろん黒でも構いません。

ただ、就職活動中の学生と間違えられる可能性があるのでご注意を。

(2)パンツとスカート、どちらがいい?

ビジネスマナー,身だしなみ,女性

基本的に、ビジネスシーンにおける女性の服装は、スカートのほうがフォーマルとされています。

ただ、外回りが多い等アクティブな仕事ならパンツスーツがおすすめ。

受付などをする場合は、スカートのほうがふさわしいといえます。

仕事の種類等に合わせて臨機応変に選びましょう。

なお、パンツとスカートどちらを着用する場合でも、ストッキングはナチュラルな肌色に。

いくらオシャレに見えても、黒の網タイツなどはNGです。

(3)スーツのインナーは、白が基本。

新人時代は、スーツのインナーは白が基本です。

徐々に薄いピンクやレモンイエロー、水色などバリエーションを増やしても良いでしょう。

柄が入ったものや、色が派手なものは避けましょう。

ビジネスマナー,身だしなみ,女性

(4)コートはダークな色がベター。

コートの色は、ビジネスシーンではダーク系が吉!

黒・紺・チャコールグレーなど、落ち着いた色調のものを選びましょう。

就職活動で着たベージュのコートを、そのまま使う方もいるかもしれません。

でも就職すると、他との調和が大事。

特に日本はまだまだ男性社会なので、「男性社員の間で浮いてしまわないか」を考えることが大切です。

男性はビジネスシーンで、「明るい色」を身に着けることがありません。

よって、ビジネスの場で明るい色の服を着ると、浮いてしまうことが多いのです。

社会人としての経験が浅いうちは、ダークな色のコートを着ておくのが無難です。

経験を積むうちに、ベージュやキャメル色などをそろえてみても良いでしょう。

なお、ファー付きのコートや丈の短いものはNG。

ファー付きはカジュアルな印象を与え、丈の短いものは安っぽく軽薄な印象を与えます。

トレンチコートなど襟がカッチリしたもので、なおかつ裾がスーツのスカートより長いものを選びましょう。

ネイルやアクセサリー、香水も要チェック!

女性の場合、衣類だけでなくネイルやアクセサリー類にも注意が必要です。

以下のことに気をつけて、ビジネスシーンにふさわしい装いを心がけましょう。

(1)ネイルアートはほどほどに。

ネイルは透明や薄いピンクなど、透明感・清潔感のあるものがおすすめです。

ビジネスマナー,身だしなみ,女性

ネイルアートは、人によっては悪い印象を持つ場合もあります。

ビジネスの場では控え、休日に楽しみましょう。

また、「落ちにくい」と評判のジェルネイルも注意が必要。

会社に勤めていると、突然「お悔やみの席」に参列するよう指示されることがあります。

とっさの場合に備え、派手なジェルネイルは控えましょう。

(2)アクセサリー、電話でチャラチャラ音をさせていませんか?

ビジネスシーンでのアクセサリーは、「耳のオシャレ」に注意。

受話器にピアスやイヤリングが当たり、相手が不快に思うことがあります。

イヤリング・ピアスは小ぶりなものをつけるか、仕事中ははずすようにしましょう。

(3)香水のつけすぎは、職場に大ダメージ!

最近、「スメハラ」という言葉が注目されています。

スメハラとは「スメルハラスメント」という意味。

香水や柔軟剤の香りで、周囲に迷惑をかけることを指します。

スメハラは非常に深刻なもので、頭痛や吐き気などをもたらし、生活の質を大きく下げます。

ビジネスマナー,身だしなみ,女性

もしあなたが香水をつけていて、周囲の人が手や書類であおぐような仕草をしていたら要注意。

気づかないうちに、あなたがスメハラをしている可能性が高いです。

香水は全くつけないか、つけるとしても「足首に一滴程度」にとどめておきましょう。

ビジネスシーンにふさわしいオシャレというのは、意外と難しいもの。

基本的に、「露出の少ないもの」「色が派手でないもの」「体型を強調しすぎないもの」「音やにおいがしないもの」を選べば問題ないといえます。

服装に迷ったら、先輩女性社員の服装を参考にしましょう。

成果を上げている女性社員は、好感度の高い装いを心がけているはずです。

失礼にならない程度に観察したり、話す機会などがあれば「洋服を選ぶ際のポイント」などを聞いてみましょう。

自宅で隙間時間に資格取得

おすすめポイント!

月額980円から受け放題

40講座以上が受け放題

あなたに合った講座が多数

国家公的資格も受けれる

プライベートにも活かせる

学習期間が短く学びやすい

詳しくはコチラ

迷っているあなたへ、無料体験がおすすめ!

-ビジネスマナーの基本, 身だしなみ

© 2020 マナビルド Powered by AFFINGER5