ビジネスマナー,話し方

ビジネスマナーの基本 挨拶

私ではなく相手に良い気持ちになってもらう人に好かれる聞き方・話し方とは?

「あの人と話すと、ストレスがたまる」

「話す気力がなくなる」

そんな経験はありませんか?

聞き方・話し方を一歩間違えると、仕事に大きく響きます。

ここでは、「人に好かれる聞き方・話し方」について解説していきます。

人に好かれる聞き方とは?

仕事で成功する人は、決まって「聞き上手」。

「相手に気持ちよく話してもらうスキル」が非常に高いです。

「聞き上手」になるためには、次の5つを心がけましょう。

ビジネスマナー,話し方

(1)視線

「聞き方」の鉄則は、「あなたの話に興味がありますよ」という気持ちを示すこと。

そのためには、話し手にしっかり視線を向けることが大切です。

ただ、あまり見つめすぎると互いに疲れてしまいます。

時々、視線を外しながら聞くと良いでしょう。

視線をはずす角度は上や横ではなく、やや下に。

相手の鼻のあたりにずらすのがポイントです。

(2)うなずき・あいづち

自分が話している時、相手が無反応だと辛いですよね。

「私の話、聞いているのかな?」「私の話が、よほどつまらないのかな」と不安になり、非常にストレスがたまります。

相手が話している時は、相手の目を見てうなずくことが大切。

時々「そういうことだったんですか」「おっしゃるとおりですね」などと、相手を肯定するあいづちを打つと、さらに効果的です。

一方、「はぁ」「ふーん」など気持ちのこもらないあいづちは逆効果。

常に一期一会の気持ちで、うなずき・あいづちを入れるようにしましょう。

ビジネスマナー,話し方

(3)表情

話し相手が無表情だと、自分の話した内容がきちんと伝わっているのか、わかりにくいですよね。

話を聞く時は、相手の話す内容や気持ちにそった表情を心がけましょう。

(4)話は最後まで聞く

よく見かけるのが、途中で話を遮り、自分の話をしてしまう人。

これは相手を非常にイライラさせます。

何か質問などがあれば、話の途中でするのではなく、相手が話し終えてからにしましょう。

なお、会話が途切れても、相手はまだ話すことがあるかもしれません。

「話し終えたかな?」と思っても2〜3秒は待ってから、質問などをするようにしましょう。

(5)メモを取り、正確に聞く

話を聞く時は、「正確に聞き取ること」が重要です。

仕事の依頼や説明などを受けた時には、必ずメモを取りながら聞きましょう。

ビジネスマナー,話し方

メモを取ることは、真剣さの証。

相手はあなたの真剣な姿を見て、「この人に協力してあげよう」「一緒に仕事をしよう」という気持ちになります。

でも、ただ漫然とメモをとっていたのでは重要なことが抜け落ち、仕事の役に立ちません。

メモを取る際には、次の8つを押さえましょう。

  • Who(誰が・誰に)
  • Why(なぜ)
  • What(何を)
  • When(いつ)
  • Where(どこで)
  • How(どのように)
  • How many(いくつ)
  • How much(いくら)

ビジネス上の会話なので、「いくつ」や「いくら」などもしっかり聞き取るようにしましょう。

人に好かれる話し方とは?

ビジネスシーンにおける話し方は、友だちとのオシャベリとは違います。

仕事の場で好感を持たれる話し方は、次の3つです。

(1)内容がわかりやすい

ビジネスの場では、とにかく「わかりやすく伝える」ことが大切です。

わかりやすく伝えるためには、次の2つを心がけましょう。

  • 結論から話す。

まず「結論」から話し、相手を安心させたうえで、結論に至るまでのプロセスや裏付けを話しましょう。

ビジネスマナー,話し方

  • 相手に伝わりやすい表現で話す。

相手にわかりやすく伝えるためには、伝わりやすい表現で話すことが大事。

専門用語の多用は避け、平易な言葉で話すようにしましょう。

過去の事例や、たとえ話を盛り込むのもオススメ。

また、大きさや重さ、広さなどを表す場合は数値で表すと効果的。

「東京ドーム4個分の広さ」「レモン5個分のビタミンC」など、イメージしやすい表現を心がけましょう。

(2)声が聞き取りやすい

話す時は、大きすぎない声で、明瞭な発音で、ゆっくり話すようにしましょう。

緊張すると早口になりやすいので、「ゆっくり、ゆっくり」と心の中で唱えながら話すと良いでしょう。

また大勢の前で話す時は、いちばん席が遠い人に、穏やかに話しかけるような気持ちで話しましょう。

そうすることで、全員が気持ちよく聞くことができます。

(3)話の終わり方に気を配る

話を終えるときは、丁寧かつ前向きな言葉で締めくくりましょう。

「どうもありがとうございます」を「どうも(・・・ゴニョゴニョ)」で終わらせるのはNG。

最後まで気を抜かず、丁寧な言葉でしっかりと話しましょう。

また、最後の言葉は「肯定的な表現」にすると好感度アップ!

ビジネスマナー,話し方

たとえば人を評価する時に、「あの人、優しくて真面目なんだけど、ちょっと要領悪いよね」と言うのと「あの人、ちょっと要領が悪いところがあるけど、優しくて真面目だよね」と言うのとでは、全く印象が違いますよね。

人は基本的に、物事を前向きに受け取る人を好みます。

肯定的な言葉で締めくくると、「この人は、何事に対しても前向きだな」と好印象を持ちます。

「人に好かれる聞き方・話し方」は、「相手を尊重する気持ち」から生まれます。

逆に「私が、私が」という気持ちが強いと、相手に不快な印象を与えます。

「私ではなく、相手に良い気持ちになってもらう」ことを心がければ、自ずと「人に好かれる聞き方・話し方」ができるようになりますよ。

自宅で隙間時間に資格取得

おすすめポイント!

月額980円から受け放題

40講座以上が受け放題

あなたに合った講座が多数

国家公的資格も受けれる

プライベートにも活かせる

学習期間が短く学びやすい

詳しくはコチラ

迷っているあなたへ、無料体験がおすすめ!

-ビジネスマナーの基本, 挨拶

© 2020 マナビルド Powered by AFFINGER5