ビジネスマナー,相談

ビジネスマナー初級 報連相

仕事の基本「報連相」3:相談のマナー

仕事をするうえで、「相談」は非常に重要。

「こんなことを聞いたら怒られそう」などと尻込みし、相談しないまま自己判断で仕事を進行。

その結果、大きなトラブルに発展することもあります。

どんなに小さいことでも、疑問や質問があれば「相談」することが大切。

早めに相談すれば、それだけスムーズに仕事が進み、高い成果を上げることができます。

ここでは、「相談」のマナーについて解説します。

相談する目的・要点をまとめておこう

ちょっと疑問点ができたからといって、すぐに相談するのはNG。

迅速に相談するのは良いのですが、相談する前には必ず「目的と要点」をまとめておきましょう。

ビジネスマナー,相談

相談する際には、最低でも次の2点を紙に書いておきます。

  • 相談することによって、何を解決したいのか。
  • 疑問点は何か。

そのうえで、メモを持って指示者のもとへ向かいます。

まとまりのない相談は、相手の時間を必要以上に奪ってしまいます。

気持ちよく相談に乗ってもらうためにも、目的と要点をまとめてから相談に行きましょう。

相談相手の都合を確認する

相談する際には、あらかじめ相手の都合を聞きます。

相手のもとへ行き「〇〇の件についてご相談したいのですが、今、お時間をいただいでも大丈夫ですか?」などと聞くのがマナーです。

長くかかりそうな相談は、事前にメールで相談してもOK。

相手も、あなたの相談事項について、余裕をもってじっくり考えてくれます。

自分なりの答を、あらかじめ用意しておく

相談をするといっても、相手に「おんぶに抱っこ」ではいけません。

自分で何も考えず、丸投げするように相談すると、相手は「もうちょっと自分で考えればいいのに・・・」と不快感を抱きます。

相談するときは、ある程度「自分なりの問題解決法や答」を作っておくことが大切。

ビジネスマナー,相談

解決のヒントやアドバイスをもらうようなつもりで、相談するようにしましょう。

「お礼」と「結果報告」を忘れずに

相談の後、仕事がうまくいき、「あー良かった!」で終わらせてはいけません。

仕事が終わったら、必ず「お礼」と「結果報告」をしましょう。

相談を受けた相手は、あなたの仕事がうまくいったかどうか気にかけているものです。

お礼も結果報告もないと、「あの件、どうなったのかな?」「自分のアドバイスは意味がなかったのかな?」とモヤモヤします。

相談に乗ってくれた相手に「お礼」と「結果」を伝えるのは、ビジネスパーソンとして以上に「人としてのマナー」といえます。

ビジネスマナー,相談

相談をするというのは、かなり勇気がいるもの。

「自分が無能と思われたらどうしよう」「怒られるのでは」などと思い、ためらってしまいます。

でも、少しでも疑問があれば必ず相談を。

マナーを守れば、相手は決して嫌な顔はしません。

たとえ少々恥ずかしくても、勇気を出して「相談」や「質問」をしましょう。

その経験が、あなたを「デキる」社会人に育ててくれます。

自宅で隙間時間に資格取得

おすすめポイント!

月額980円から受け放題

40講座以上が受け放題

あなたに合った講座が多数

国家公的資格も受けれる

プライベートにも活かせる

学習期間が短く学びやすい

詳しくはコチラ

迷っているあなたへ、無料体験がおすすめ!

-ビジネスマナー初級, 報連相

© 2020 マナビルド Powered by AFFINGER5