ビジネスマナー,名刺交換

ビジネスマナー初級 名刺交換

ビジネスマナー名刺交換の仕方:差し出し方から受け取り方まで徹底的に極めよう

名刺交換は、一人前の社会人になる「出発点」ともいえます。

なぜなら、ビジネスはコミュニケーションあってのもの。

名刺の交換は、一緒に仕事をする人との「コミュニケーションの第一歩」なのです。

ビジネスマナー,名刺交換

紙一枚のこととはいえ、名刺はあなたの「顔」といえるもの。

名刺を丁寧に扱うことは、あなた自身を大切にすることであり、お客様を大切にすることでもあります。

名刺の使い方によって、信頼度が測れるといっても過言ではありません。

ここでは、名刺交換のマナーについて解説していきます。

名刺交換の流れ

商談を始める前に、訪問した側から先に名刺を差し出します。

ビジネスマナー,名刺交換

つまり、あなたが他社を訪問した場合、あなたから名刺を差し出します。

相手が複数の場合は、相手のうち役職の高い人から順に名刺を交換します。

また、こちらが複数名の場合は、上司や先輩が先に名刺交換をします。

名刺交換は、お互いに立って行ないます。

間にテーブルなどがある場合、テーブル越しで行なうのはNG。

相手の正面に移動してから名刺を交換しましょう。

なお、場所によっては座ったまま名刺を交換することも。

その場合は「座ったままで失礼いたします」と断ってから、名刺を差し出します。

名刺の差し出し方

名刺を差し出す時は、以下のようにして行ないます。

  • 名刺入れから名刺を取り出します。
  • 取り出した名刺を、自分の名刺入れの上に置きます。

   置く方向は、自分が文字を読める向きに置きます。

ビジネスマナー,名刺交換

  • 次に相手の目を見ながら「〇△株式会社営業部のヤマダタロウと申します」とフルネームで名乗ります。
  • それから頭を下げ、名刺を相手が読める方向に向け、「どうぞよろしくお願いいたします」と言って差し出します。

差し出す時の名刺の位置は、胸のあたり。

片手ではなく、必ず両手で差し出します。

万が一、名刺を落としてしまったら、必ず名刺入れから新しい名刺を取り出し、差し出します。

落とした名刺を拾って差し出すのは厳禁です。

名刺の受け取り方

名刺を受け取る場合は、以下のようにして行ないます。

  • 相手が名刺を差し出してきたら「ちょうだいいたします」と言い、両手で受け取ります。

相手の名前が隠れないよう、受け取る時は、名刺の端を持つようにします。

  • 「サトウ様ですね」と相手の名前を確認します。

読み方がわからない場合は、「恐れ入りますが、何とお読みすればよろしいのでしょうか」と確認しましょう。

名刺交換の際に、名前の読み方を聞くのは失礼ではありません。

後々トラブルにならないよう、その場で確認することが大切です。

  • 名刺を受け取ったまま話すときは、両手でしっかり胸の位置で支えたまま話します。

相手の名刺を下げることのないようにしましょう。

ビジネスマナー,名刺交換

両方同時に差し出した場合

名刺交換の際、双方が同時に差し出した場合は、次のようにします。

ビジネスマナー,名刺交換

  1. 訪問した側から、先に名乗ります。
  2. 名刺を、相手が読める方向にして差し出します。
  3. 相手の名刺を、左手で持っている名刺入れの上に乗せます。
  4. 名刺を受け取ったらすぐに右手を添え、「ちょうだいいたします」と言い、両手で持ち直します。

名刺交換が終わったら

名刺の交換が終わったら、自分の名刺入れの上に相手の名刺を乗せ、テーブルに置きます。

置く位置は、自分の左斜め前です。

相手が複数の場合は、役職が一番上の人の名刺を名刺入れの上に。

他の方の名刺は、テーブルに直接置きます。

その際、席順に合わせて名刺を並べておきましょう。

商談中、名前を間違えて呼ぶのを避けられますし、顔と名前をすぐに覚えることができます。

「名刺」はビジネスパーソンの「顔」。

自分自身を差し出し、相手を受け入れる気持ちで丁寧に扱いましょう。

ビジネスマナー,名刺交換

-ビジネスマナー初級, 名刺交換

© 2021 マナビルド Powered by AFFINGER5