ビジネスマナー,冠婚葬祭

ビジネスマナー中級 冠婚葬祭

冠婚葬祭1:葬儀でのマナー(お香典・服装・受付・お焼香の作法)

訃報を受けたら、あわてず騒がず慎重にふるまうのがマナー。

連絡をくれた相手は、心身共に疲弊しているもの。

落ち着いて行動し、相手の心を傷つけないようにすることが大切です。

ここでは、訃報を受けた際の行動や葬儀でのマナーを解説していきます。

ビジネスマナー,冠婚葬祭

訃報を受けたら、まず上司に相談を

ビジネスマナー,冠婚葬祭

訃報を受けたら、「それはご愁傷様でございます・・・」と返事をし、以下の点を確認します。

  • いつ亡くなったのか。
  • 通夜・葬儀などの日程・場所。

詳細を確認後、「かしこまりました。ご丁寧にありがとうございます。お悔やみ申し上げます」と声をかけます。

同僚の家族など、親しい間柄なら「何かお手伝いできることはありますか?」と声をかけてみましょう。

その後、まずは上司に報告。

通夜から参加するか、葬儀・告別式には誰が行くのかなど細かい対応を職場で決めていきます。

親しい人なら上司に相談し、通夜から駆けつけても良いでしょう。

なお、電話で弔意を伝えるのはNG。

相手は葬儀の準備などで忙しいので、邪魔をしないようにしましょう。

お香典の準備

ビジネスマナー,冠婚葬祭

お香典の準備は、次の3つがポイントです。

(1)香典袋の選び方は?

宗教によって香典袋に書く言葉は違ってきます。

  • 各宗教共通:「御霊前」
  • 仏教:「御香典」
  • 神道:「御玉串料」
  • キリスト教:「お花料」

相手の宗教がわからない場合は、「御霊前」と書かれた袋を選べばよいでしょう。

なお、蓮の花が描かれている袋は仏教以外では使えません。

仏教かどうか定かでない場合は避けておきましょう。

(2)お香典の相場は?

お香典は新札ではなく、「使った形跡のあるお札」にします。

だからと言ってクチャクチャのお札では失礼。

新札に、一回折り目を入れた程度のお札が良いでしょう。

お香典の額は、だいたい以下の額が相場となります。

  • 亡くなったのが上司、友人、同僚の場合:5千円〜1万円
  • 亡くなったのが上司、友人、同僚の家族の場合:3千円〜5千円
  • 取引先関係:5千円〜1万円

お札を入れる向きは、紙幣の顔部分が袋の下側に行くように。

さらに袋の表から見て、裏側を向くようにします。

(3)中包みの書き方は?

香典袋には中包みがあります。

お香典を実際に入れる袋です。

中包みは、表側には何も書きません。

その代わり、裏側には「お香典の金額」と「あなたの住所と名前」を書きます。

最近は、お香典を後から郵送する場合があります。

その際に、遺族に負担をかけないようにするためにも、住所と名前をきちんと書きましょう。

葬儀の服装はとにかく地味に

ビジネスマナー,冠婚葬祭

お通夜は亡くなってすぐに行なわれる場合が多いので、喪服でなくても「地味なスーツ」なら構いません。

なお、日頃から会社に喪服を用意しておくとスマートに対応できます。

葬儀に参列する場合は、きちんと喪服を着用するのがマナーです。

喪服を着る際には、以下のことに気をつけましょう。

(1)ストライプはNG。無地のダークスーツにする

男性のスーツはストライプが入ったものが多いですよね。

つい「色が地味ならストライプ入りでもいいか」と思いがちですが、それは厳禁。

スーツは、あくまで「無地のダークスーツ」で。

黒がなければ、限りなく黒に近いスーツにしましょう。

ネクタイ・靴下・靴も黒でそろえます。

(2)カラーシャツは×。シャツは無地の白を

ダークスーツの下に着るシャツは、白が鉄則。

カラーシャツは浮ついた印象を与えるのでNGです。

(3)女性は黒のワンピースかダークスーツで

女性は黒のワンピースか黒のスーツ、あるいは黒に近いダークスーツで参列します。

スカート丈は長めのものにします。

ブラウスは白が基本。

ストッキング・靴・バッグも黒で揃えます。

(4)アクセサリーは控えめに

葬儀に参列する際、アクセサリーは限りなく控えめに。

真珠の1連ネックレスなどに留めます。

指輪も結婚指輪以外ははずしましょう。

(5)髪・メイクも控えめに見えるものに

ロングヘアはお辞儀の際に見苦しくなる場合があるので、できれば1つにきっちりとまとめます。

ヘアアクセサリーは光沢のない黒色を選びます。

メイクも薄くするのが鉄則。

派手な口紅やマニキュアも厳禁です。

受付での対応

受付では、簡潔にお悔やみの言葉を述べます。

例:

「このたびはまことにご愁傷さまでございました。・・・謹んでお悔やみ申し上げます」

お悔やみの言葉を伝える際は、静かな声で消え入るように話します。

お焼香の作法

ビジネスマナー,冠婚葬祭

お焼香の仕方は宗教によって異なりますが、次のような流れが一般的です。

  1. 遺族と僧侶に一礼し、焼香台に進む。
  2. 焼香台の一歩手前で止まり、合掌して深く一礼する。
  3. 一歩進み、右手の親指・人差し指・中指の3本で香をつまみ、目の高さに上げる。
  4. 左の香炉に香を映す。(3)と(4)を2〜3回繰り返す。香を移す時は香が散らばらないよう、できるだけ香炉に近づける。
  5. 姿勢を正し遺影を見つめ、再度手をあわせる。
  6. 遺族と僧侶に一礼し、退場する。

ビジネスマナー,冠婚葬祭

なお神道やキリスト教の場合は、榊や花の向きを変えて祭壇に添えるなど作法が異なります。

通夜振る舞いでガツガツ食べるのはNG

通夜の席では、「通夜振る舞い」というもてなしの席が設けられます。

たいていお寿司などが用意されていますが、その席でガツガツ食べるのはNG。

少し箸をつける程度にとどめ、長居しないようにしましょう。

騒いだり笑ったりするのも厳禁です。

席を立つ際には、周囲の人や遺族に挨拶をします。

ビジネスマナー,冠婚葬祭

お悔やみの席は、慶事の何倍も慎重さが求められるので緊張するものです。

でも、最低限のマナーと、遺族の方への思いやりを持っていれば、失礼な行動をとることはまずありません。

不安な時は上司や先輩、あるいは総務部の人などに指示を仰ぐと良いでしょう。

自宅で隙間時間に資格取得

おすすめポイント!

月額980円から受け放題

40講座以上が受け放題

あなたに合った講座が多数

国家公的資格も受けれる

プライベートにも活かせる

学習期間が短く学びやすい

詳しくはコチラ

迷っているあなたへ、無料体験がおすすめ!

-ビジネスマナー中級, 冠婚葬祭

© 2020 マナビルド Powered by AFFINGER5